中学受験と個別指導!

中学受験において、塾を選ぶ場合、生徒の性格や諸事情によって、個別指導方式のほうが有効とされる場合があります。
中学受験のための塾の多くは、小学校と同様の教室形式で授業を進行させます。複数の生徒たちが集まる教室の中での授業ともなりますと、中学受験を目指すだけあって、積極的な挙手や黒板に向かっての解答を発表する活気のある空気の中での勉強になります。
ところが、その雰囲気に呑まれて気後れする余り、萎縮してしまうタイプの生徒がいます。すなわちその流れに乗ることが出来ずに、立ち往生してしまい、本来の実力が引き伸ばせないままでいることがあります。
このタイプの生徒の場合、個別指導方式を選択したほうが、周りの状況に左右されることなく中学受験に臨むことができます。自宅での家庭教師とのやりとりという方法もありますが、家から離れて指導を仰ぐ緊張感が与えられますので、通うことの意義も大きいものがあります。
自分のペースを大切にして、目標を見失わないようにして進めていくことが大切です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク