過去問による中学受験の勉強法

受験校の過去入試問題を研究する事は、受験前に必要な事です。
もちろん毎年違った問題が出されるのですから、同じ問題に出会う事は少ないでしょう。
ただ、問題の難易度と出題傾向はわかると思います。
志望校の特色を知り、そこに合った学力を付けましょう。
問題を解くだけでなく、問題の配列や難易度を知るために、過去問は重要な役割をします。
問題の文字数が多いと言うだけで、難しい問題だと感じてしまうお子さんも多いので、設問に慣れる意味でも過去問は有効です。
学校ごとに出題傾向があります。
これを分析し、受験生の得意不得意傾向と比べ合わせて、その後の勉強法に役立てる事が出来ます。
不得意傾向を徹底的に攻略する事で、弱点が少なくなるのです。
不得意傾向がわかったら、他校の過去問でも良いので、類似の問題を繰り返し勉強する事で、弱点を効率的に補強出来ます。
まずは、何度も出題されている範囲を克服し、次に苦手だった問題を補強していく勉強法が、良いのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク