家族のススメで中学受験

 親が子どもの中学受験を考えるひとつの要因として、地元の中学校の評判が悪いために入学させたくないという親心があります。確かに、授業が成り立たたない学校に敢えて入学させたい親はいないでしょう。
 けれども当の本人は、どうでしょう。親の気持ちと同様に不安を抱えているのであれば受験することを考えると思いますが、地元の中学へ小学校からの友達が通学するから離れたくないと考える子どもも多いのではないでしょうか。また、勉強がそれほど好きではないことも考えられます。
 志望校のレベルはありますが、中学受験になるとそれなりの学習に対する覚悟が必要になります。親の意見を強制した場合、成績に伸び悩んだときに頑張る力が薄いので簡単にギブアップしてしまう可能性があります。また、入学後も勉強が待っています。私立中学校の学習カリキュラムは公立よりスピードが速いので楽しいと思う子どもが居る反面、負担になる子どもも存在するのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク