中学受験しないなら進学塾は無駄?

 友達のススメや周りの影響で子どもを中学受験用の進学塾へ通わせることもあります。一見公立の中学校へ行っても学んだことが役に立つのではないかと思いがちですが、残念ながら中学で活躍する知識にはなりません。算数の特殊算は使わないし、国語は塾へ通うより読書した方が読解力は上がります。理科・社会はもう一度中学で学ぶため、二度手間になってしまいます。公立中学校へ進学するなら公文へ通う方が効果的で、進学塾は下手をするとお金の無駄遣いに終わる可能性があります。中学受験を全く考えていないなら、もう一度よく考えて判断していかないといけないでしょう。
 また仮に進学塾へ通い続けても、学年が上がるごとに学習時間は増えていきます。志望校に合格したいという強い動機が無い限り、勉強することが負担になり継続できなくなる可能性があります。
 一方、親にその気が無くても塾へ通うことで子どもの方が受験したいと申し出ることも考えられます。このようなことも視野に入れておかなければならないでしょう。
 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク