中学受験が負担な親

 中学受験に必死な親もいますが、逆に辞めさせたい親もいます。もともと小学生の頃から負担の大きい勉強をしなくてもよいのではないかと思う派の意見です。背景には、自分が親から勉強しなさいと催促されたことが苦痛だったので、子どもには経験させたくないと思うのが本音です。ただ、周りが中学受験をする子どもが多く、私も受験したいと思う娘をサポートしてきたのが今日までの経過です。子どものスケジュールは母親が決めて行い、受験対策用の問題から答え合わせまでサポートしているようですが、仕事や他の用事も相まって負担になることも多々あるといいます。
 そんな時は、思い切って子どもに自分の気持ちを打ち明けてみることも大切だと思います。これからはママが塾の先生ではなく実際の塾に通うことで今まで通りかそれ以上の勉強ができるということを伝えて判断を子どもにゆだねるのもひとつの方法だと思います。それを理解した上で通塾をしたいと言えば、挑戦するチャンスをあたえることも必要だと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク