紹介!中学受験の基礎知識:併願受験とは

中学受験では併願受験をする人は多くいます。
また、そのための受験日や時間が用意されています。
まず首都圏でも千葉県や埼玉県などの受験日は東京などに比べると早く1月に受験があります。
東京や神奈川県では受験日は同じ2月1日からです。
これを見ても複数の併願受験が可能です。
殆どの人は千葉県、埼玉県で中学受験を始め、受験とはどのようなものかを身をもって知ることが出来ます。
また千葉、埼玉でも通学範囲の方もいますし、実際に通っている学生もいます。
1月の受験が終われば東京方面の中学受験が始まります。
2月1日から始まりますが、1日だけでも午前中と午後の2度受験することが可能です。
ただ時間に限りがあるので、もう1校が遠い場合は難しいかもしれません。
それでも近くであれば受験は可能です。
また2日や3日以降にも中学受験はあります。
実際2月1日以降でも出願可能な中学校もあります。
また複数回受験でき、点数の良い方を選んで選考する学校もあるので、第1志望の学校であれば
複数回の受験をオススメします。
中学受験は日数、時間ともに多くの機会があるので、最大限に利用するのが賢い方法でしょう。

■覚えた事をしっかり定着させるため充分な睡眠時間を確保していた須賀(仮名)さんの中学受験体験談
私は小さい頃から負けず嫌いで、姉の影響もあり、小3で既に女子の最難関校と言われる中学を目指していました。
周りの人より早く中学受験対策をしていましたが、ただ闇雲に勉強をしていた訳ではありません。
よく意外に思われるのですが睡眠時間をしっかり確保するため、私は夜9時に寝ていました。

ある日父が買ってきた本で、少し勉強した後にすぐ寝て、起きたら前日勉強した分を復習することで効率良く知識が定着し記憶し易くなる、ということを知りました。
それは大人向けの資格対策の本だったのですが、私はそれが中学受験対策にも十分使える方法だと思いその日から睡眠時間をたっぷり確保するようになりました。

家族、特に母は、中学受験をする割には睡眠時間が長いのでは、と心配している様子でしたが今では中学に合格出来たのは、この方法があったからだと納得してくれています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク